Kanae Design Labo

Facebook twitter
日本語 | English
Outline
私たちは「日常」に興味がある事務所です。
ハレとケ、一年で圧倒的に多い「ケ」の日々を楽しみたいから
それをクリエイトしようと考えています。

私たちは暮らしを創る道具を「暮らす具」と呼んでいます。
また今、時代は「感性価値を認識すること」へと流れています。
数値軸で表現できない何かが私たちに感動を与えます。
人は無意識にその 部分を感じ取っています。 この部分が人の消費心理を左右します。
私達はそれを大切にし、デジタル時代のデザイン開発に
アーティスティックな感性アプローチを加えています。

また現実として販売という重要な要素があります。
その商品をデザインした私達だからこそ、効果的な販売戦略、
プロモーション戦略などを考えることができます。
モノづくりを計画し、それをブランティングし、
市場でどう見せ、どう公知するのか。市場への切り込み方は?
そのシナリオを描きます。

私たちはトータルに商品を考え、市場に出すまでのサポートをすることが
商品をわかりやすくする道程だと考えるので、
できるだけ一貫したサービスを行いたい気持ちでいます。

デザインとは「夢を現実にすること」。
人々に喜んでいただける美しく楽しい夢を描きたい。
私たちは現実を見据えつつ大きな美しい夢にし、そして最終的に
人々に幸せを届けることができる開発を目指す
デザインコンサルタントです。
Content

「テーブルの上からその周辺へ」

分野
テーブルウェア、家電製品、家具、ステーショナリー、サニタリー・バスルーム用品、インテリア、
日用品、パッケージ、販売戦略、ロゴデザイン、カタログ等販促用グラフィック物、
販売プロモーション企画、デザインに関する講演等

ワークフロー概要

「問診」のようなものを行う。
ブレーンストーミングをクライアントと一緒に行い
更に必要なことを炙り出す。
何をすることがベストか絞り出す。
ベスト策をいくつかご提案。

ワークプロセス

ここでは、最長のフローを描いています。
この中でお客様のニーズに併せてプランをカスタマイズします。
私たちとしては仕事の内容が適確にエンドユーザーへ
伝わるようにしたいという思いがあります。
戦略的デザインを。
プロジェクト戦略・企画
プロジェクト・ディレクション
ブランディング
キャスティング
「何か開発したいけれども、何を開発すればいいのかわからない」
「企画から一緒に考えて欲しい」
進むべき方向性、
目標を明確に
ブランド構築
ライター・カメラマン
webデザイナー等必要なキャスティング
「感動のある」商品を
商品開発
市場調査
商品デザイン
アドバンスデザイン
表面デザイン(装飾も含む)
STEP1で決定したことを元に実際の商品開発を行う場合のステップ。
ここだけ必要な場合もご相談下さい。
市場調査はあくまで弊社が独自に行うものであり、
ユーザー調査なども弊社のキャパシティで行う小規模だが、
オリジナルな結果を提示することも可能。

アイデアディベロップメントと呼ばれるアイデア展開を
スケッチにて行い、それを図面化し、立体的なモデルに起こす作業の部分。
また、それらにサーフェスデザインが必要な場合はそれも行う。
更にアドバンスデザインと呼ばれる「未来の○○」を考えることも行う。

ラフスケッチ・ラフモデルによる
アイディアデベロップメント

図面作成

モデル立体での検討

3Dによる立体での検討

CG検討

「知らせる」を効果的に。
販売戦略デザイン
ネーミング、ロゴデザイン
パッケージデザイン
カタログデザイン
プロモーショングッズデザイン
WEBデザイン
販促イベント企画
街づくりデザイン
メーカーはもの作りはできる。しかし、販売ルートが確立されていないと、
市場へ自力で出すことが難しい。そのような場合は、市場へ出すまでに、
公知の徹底ということをしなければならない。知らないと誰も「買えない」ため、
その部分のサポートをデザインというツールで行っている。
web
広告・宣伝
イベント企画
告知する

市場へ